今と向き合うように。記憶を留めるように。

 “物語”の中を彷徨い歩き、そこで起こった事象に耳をすまして、形や色を発見していく。その道のりは、記憶の新しい体験であり、未来に向けての便り。

 全身でぶつかり、混沌を泳ぎ、探り、導かれながら歩み、最後は、光を納めるようにそっと 縫い閉じる…

購入をご検討の方は、メールアドレスまたは問い合わせフォームよりご連絡ください。

© AYAKA ITO All Rights Reserved.

  • グレーTumblrのアイコン
  • Grey Facebook Icon
  • グレーTwitterのアイコン
伊藤彩香
ayaka ito