伊藤彩香 Ayaka Ito

絵の具と空間と言葉による、絵描き。

アクリル絵の具による絵画 と、

企画・演出・美術・出演を含む舞台芸術 とを制作。

全作品において、言葉が重要な要素であり、観る者の想像力を広げる。

​“絵画のような舞台” “舞台のような絵画” と評価を受ける異種が、更に深い関係性を持つことを見据えつつ、誰かの希望となり得る作品作りを続ける。

 

舞台創作プロジェクト「口笛洋燈(くちぶえらんぷ)」主宰。

​そのほか、グラフィックデザイン、舞台と映像への出演、フォトセッションも行なう。​

 

武蔵野美術大学空間演出デザイン学科卒業

アーティスト神田さおり氏に師事

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram

言葉と光に敬いを

音と踊りに憧れを

それは まるで

記憶 

​ 断片

見るような

表現とは、想像力。

想像力が心を豊かにし、心の豊かさが優しさを生むと信じています。

私が表すものたちが、心に届きますように。

そうして、優しさを持ち寄り、幸せを分かち合えますように。

                             伊藤彩香

Biography

東京都出身。

幼少期から絵を描き始める。母の読み聞かせにより、言葉遊びやリズムを楽しみ、想像力を育む。絵本や、J.K.ローリング氏・宮沢賢治氏の児童文学など、空想的で物語性の強いものを好んだ。

 

思春期には、絵と言葉の併用によって自身の感情を表すようになり、自己の内面と現実世界と向き合うために絵を描いた。

楽器演奏を始め、音楽のリズムに身を委ねたり、歌詞や音程に感情移入をしたりすることによって、音楽が巻き起こす身体の衝動と、表現手段としての言葉の力を実感する。

 

2008年、アーティストの神田さおり氏に出逢う。音楽と身体と絵画が混じり合うアートパフォーマンスに衝撃的を受け、以後、様々な現場をアシスタントとして同行。氏との出逢いによって、表現に対しての姿勢、人間関係の多くを学ぶ。

アクリル絵具との出逢いでもあり、この頃からアクリル画を独学し、生演奏とペイントとのライブセッションを始める。

 

2010年、武蔵野美術大学 空間演出デザイン学科 舞台芸術コースに進学。

アングラ演劇を代表する演劇実験室◎万有引力で小道具製作として携わり、2018年の「狂人教育」では主演の蘭役を担う。この劇団との関わりにより、空間全体を一枚の絵として捉える感覚を磨き、観客の想像力を刺激することで異世界へと誘なう身体の在り方を学ぶ。

 

また、パリのオランジュリー美術館で、クロード・モネ氏の巨大な絵の前に立ち、絵に対して気持ちが良いという感覚を初めて感じる。ある環境下で観る絵が、体感という身体性に繋がる可能性を見出し、展示空間の演出にも視野が広がる。

 

2012年から2014年にかけて、企画・演出・舞台美術・出演をしたライブペイントのパフォーマンスを主催。

 

同時期、画家のミヒャエル・ゾーヴァ氏、七戸優氏の画風から影響を受け、タブローを制作し始める。衝動的な感情が制作の主な動機であり、表現による他者への訴えではなく、記憶の記録のような作品であった。タイトルを付ける際には、自身の作品上では言葉と絵が切り離せない関係性を持っていることを認識する。幼少期から言葉に敏感であった彼女にとって自然な流れであった。

 

2014年の大学卒業時、小説家 小川洋子氏の本に着想を得て、15分の舞台作品「詩集」を創作する。その後、口笛洋燈(くちぶえらんぷ)というプロジェクトを主宰し、舞台作品「窓」(2015)、「蒸気蒐集」(2016)、「青のない絵本」(2019)、「Light」(2019)を発表。脚本・演出・美術・出演・制作を手掛ける。これらは、詩的な言葉を遣い、夢見心地にさせるための仕掛け装置にこだわった、まるで空間に絵を描くとでもいうようなビジュアル性の高い場面展開で構成された作品であった。また、現場の人々が互いに心からの敬意と愛情を持ち寄れるような関係性を重要視した。鑑賞者には涙する者が多く、「素直さを持って表現したものが人々の心に響く」ということを実感する。

 

今までに培ってきた言葉・視覚・空間・時間・音・身体性に対する感覚を用いて、現在は、アクリル絵具による心象風景の制作に力を注ぐ。自身の経験する様々な出来事に向き合い、その時に抱いた感情を真摯に見つめて景色として捉えて描くスタイルを採る。

また、制作過程において、時間の流れや空間の広がり、物語性、非現実感、そして、“観客”すなわち観る者の存在を強く意識するようになる。それは、届けたいという思いの助長となり、受け取った人の心に少しでも光が射す事を祈る創作へと繋がっていった。自分のためだけにあった絵画に対する姿勢の変化であったと言える。

 

2019年、公募展「SICF20」(青山スパイラルホール/東京)、「いい芽ふくら芽2019」(松坂屋/名古屋)に入選。

 

「舞台的な絵画」「絵画的な舞台」と評価されるほど影響しあってきた異なる分野が、更に深い関係性を持つことを見据えつつ、誰かにとっての希望となり得る作品作りを志す。

Ayaka Ito was born in Tokyo in 1990. She has been painting since her infancy. She found pleasure in word play and the rhythm of words from her mother’s reading of picture books to her. It also helped to cultivate her fertile imagination. Ito deeply loved picture books and fantasy stories such as those written by J.K. Rowling and Kenji Miyazawa.

 

In her adolescence, Ito started to express her deep emotions with a combination of paintings and language, in order to face both her inner world and the real world. 

She also started playing music and experienced letting herself go along with the rhythm, having empathy to music and lyrics, and feeling a huge energy filling the space within. These experiences greatly raised Ito’s consciousness to a bodily-felt impulse, the power of words.

 

In 2008, Ito met Saori Kanda, an artist. Kanda’s art performances with the integration of music, human bodies and paintings made a great impact. Since then she has supported Kanda’s performances as her assistant. She has learned a lot from Kanda’s attitude toward expression and human relations.

From that point, Ito started learning acrylic painting through self-study. She also started to conduct a series of live sessions consisting of her painting performances and jazz players’ improvisation. 

 

In 2010, she entered Musashino Art University and took a stage art course in the scenography, display and fashion design department. 

While Ito was at the university, she started to be involved in the activities of a Japanese leading underground theatrical company, “Banyu Inryoku” (Universal Gravitation) as the person in charge of stage properties. When they performed, “Kyojin Kyoiku” (Madman Education) in 2018, she had a starring role as “Ran”, the heroine of the story. With her experience in the theatrical company, she polished her sensory abilities to perceive the scene on stage as a piece of a painting. Further she learned how to use her body as a performer to invite the audiences to other dimension.

 

When Ito was at the university, she visited the Musée de l'Orangerie in Paris. There, for the first time, in front of the huge painting of Monet’s Waterlilies, she felt a sense of “comfort” from a painting. She realized that paintings, under most suitable conditions, have the potential to give us bodily experiences. Additionally, she began to pay attention to how exhibition spaces should be designed.

 

From 2012 to 2014, Ito produced a series of live paint performances, and combined the roles of producer, stage manager, set designer and performer.

 

In the same period, influenced by the painting styles of Michael Sowa, a painter, and Masaru Shichinohe, an illustrator, she started to produce tableaus.

Ito was motivated to paint mainly by impulsive emotions; her works were not directly aimed at appealing to others, but were only for herself, as a record of her memories.

On putting titles to them, she realized her paintings have an inseparable relation to the words. This is a natural consequence of the fact that Ito has been very sensitive to verbal expression since her infancy.

 

When Ito graduated from university in 2014, she produced her first, 15-minute stage performance titled『Poetry Anthology』, inspired by Yoko Ogawa’s literary work. 

Following this, Ito started a long-term project, entitled “Kuchibue Lamp” (“Whistle Lamp”). She has continued work on the project up to the current time, and has produced a series of stage performance art: 『Window』(2015), 『Jyohki-syusyu(“Vapor Collecting”)』(2016),『Picture Book without Blue』(2019), 『Light』(2019). In all these works, Ito has combined the roles of producer, stage director, stage manager, set designer, playwright and performer. In these, she has paid the greatest attention to the use of poetic phrases and theatrical devices, to put audiences into a dream-like state. All of these works consist of picturesque scenes, like pictures painted in the space. 

She has also paid great attention to building good relations among all those involved in her works, so that they have genuine respect and affection for one another.

Many of her audience have shed tears at these and it has convinced her that what she has expressed with her honest feelings can resonate in the hearts of many.

 

Ito is now working intensively on acrylic paintings of imagined landscapes.

She has cultivated her well-developed sensibilities, using words, visual sensations, time, space, sound and bodily reactions, via her experiences of the performing arts. By fully using these, she creates paintings with her style: that of expressing, in the form of imagined landscapes, the emotions evoked in her when facing various situations and events.

Her experiences of performance art made her, as a painter, pay more attention to time flow, the expansion of space, stories evoked, feelings of unreality, and the existence of an “audience”, the people who look at her paintings.

That furthered her prayer that her paintings will bring glimmers of hope to those who view them. As can be seen, Ito has now completely transformed her attitude towards her pictures, once painted only for herself.

 

In 2019, Ito’s acrylic paintings were accepted for two publicly supported exhibitions: “Spiral Independent Creators Festival 20 (SICF20)”, held in Tokyo and “Iime Fukurame 2019 -Young Artist Competition-”, held in Nagoya.

With an expectation that her ‘picture-like performing arts” and “performing art-like pictures” will further deepen their mutual interaction, Ito now aims to create art works that can give glimmers of hope for others.

活動略歴

絵画

2019

公募展 SICF20(SPIRAL/東京)

公募展 いい芽ふくら芽2019(松坂屋/名古屋)

舞台

2019

小竹信節 退任記念公演

演劇実験室◉万有引力「奴婢訓」(武蔵野美術大学 美術館/東京) 出演,美術製作​

2019

主宰舞台作品「Light」(絵空箱/東京)企画,脚本,演出,美術,振付,出演 

2019

主宰舞台作品「青のない絵本」(阿佐ヶ谷プロット/東京)企画,脚本,演出,美術,振付,出演 

2018

演劇実験室◉万有引力「狂人教育」(下北沢ザ・スズナリ/東京)出演,美術製作​

2018

砂と水玉 vol.1「透明な森」(綜合藝術茶房喫茶茶会記/東京)出演,共同振付

2017

演劇実験室◉万有引力「身毒丸」(世田谷パブリックシアター/東京)出演,美術製作​

2017

演劇実験室◉万有引力「レミング」(座・高円寺/東京)出演,美術製作​

2017

演劇実験室◉万有引力「田園に死す」(三沢市内/青森)出演,美術製作​

2017

パフォーマンス Holiday Theatre「Christmas Party」(東京)共同企画,出演

2016

演劇実験室◉万有引力「小蕈奇譚」(絵空箱/東京)出演,美術製作​

2016

演劇実験室◉万有引力「犬神」(座・高円寺/東京)出演,美術製作​

2016

主宰舞台作品「蒸気蒐集」(サブテレニアン/東京)企画,脚本,演出,美術,衣装,振付,出演

2015

演劇実験室◉万有引力「身毒丸」(世田谷パブリックシアター/東京)出演,美術製作​

2015

 主宰舞台作品「窓」(絵空箱/東京)企画,脚本,演出,美術,衣装,振付,出演

2014

武蔵野美術大学卒業制作展示 舞台公演「詩集」(東京)脚本,演出,美術,衣装,振付,出演

2014

ライブ「雨脚取り」(シードシップ/東京)企画,脚本,演出,美術,衣装,振付,出演

2013

展示パフォーマンス「まいにち」(東京)共同企画,出演

デザイン等

2016

KERA(ケラリーノ・サンドロヴィッチ)「フォレスト・グリーン(或いは、あの歌をいつか歌えるか)」 MV出演

2015

小西遼ラージアンサンブル 「トウゲ」 パンフレット作成

2015

小西遼ラージアンサンブル 「風の街、ロープウェイのうた」チケット作成

2015

Motion Blue Yokohama ハロウィンイベント フェイスペイント,空間デザイン

2014

Motion Blue Yokohama ハロウィンイベント フェイスペイント,空間デザイン

2013

ものんくるライブ 歌詞冊子デザイン

© AYAKA ITO All Rights Reserved.

  • Grey Facebook Icon
  • グレーInstagramのアイコン
  • グレーTwitterのアイコン
  • グレーTumblrのアイコン
  • Grey Facebook Icon
  • グレーInstagramのアイコン
  • グレーTwitterのアイコン
  • グレーTumblrのアイコン
 
伊藤彩香
ayaka ito
painting
​performing art